読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【雑記】無題

papuriko.hatenablog.com

 

これを読んだんですよ、たまたまRTで回ってきて。

で、面白いなーって思って他のエントリも読んでくなかで、

「思考の外部委託」って言葉がめちゃくちゃに刺さった。

 

2ちゃんで「はいはい思考停止」って言われることは多々あれど、

「それって思考の外部委託なんじゃないの?」って言ってくれるのは少ない。

煽りとしての「自分のアタマで考えてる?」ではなく。

なるほど、私は「○○ハウツー」や「自己啓発」を読んで、その人の考えてることをインプットしただけで、

実践もしないし、いや、したかもしれないけど三日坊主で、自分に合うように再構築したり、取捨選択っていう思考を放棄していたんだな。

 

そういえば、私は大学が哲学科だったので美学の講義でハイデガーの『芸術作品の根源』を持ち回りで発表したときに、

先生に「ダメダメ、ハイデガーに言いくるめられないで!あなたなりに批判して!!」って言われた。

その時は「いや、ハイデガーみたいなめっちゃ頭いい人の考えに考えたこと批判するなんて無理無理無理」と思ったものですが。それが19歳の初夏。

先月25日で22歳になりましたが、先生のお言葉を理解するのに三年かかりました。あれが放棄や外部委託の状態なんだな。

 

当時はうつ病になったばっかりで思考力は落ちてるし自信もないし、ハイデガーの言ってることを理解するのがいっぱいいっぱいで、それ以上批判なんてできなかったという思考の放棄状態だったし、

しばらく生活というか生命維持活動全般に対してそういう状態で、ぱぷりこさんの言葉を借りると「ぼーぜんとしてる状態」だった。

やっと活動できるようになってからはミニマリスト自己啓発やらもやりましたけど、あんまり今でも生きてることはないですね。

しいて言うならミニマリストに傾倒してた時に部屋がきれいになってそれを維持できてるのは良いことですね。亡くなった祖父がよく、「部屋の乱れは心の乱れ」と言ってたのを思い出します。

 

でも結局思考は自己啓発なんかに外部委託されたり、読んだところで「そーなんだーすごーい」で停止してしまってました。

正月の酔った父に「俺もやったんだからお前も単身海外旅行してこーい」って言われて夏休みに放りだされたのが20歳の時。

このISとかが活躍してるヨーロッパに若い女性一人で放りだすか?しかもうつ病だぞ?日本語ですらボキャ貧コミュ障なのに英語がなぜ話せると思ったのだ?

と思いましたが、もう鬱々してた日々に飽き飽きしてましたし、ここで何か変われれば、すくなくともヨーロッパの美術館や街並みを見れば審美眼は養われるかーと思って行きましたが、これがとてつもない思考の訓練になりました。

朝起きて列車が何時で、食料と水は多めに確保して…というサバイバルをしてたのを1か月続けてたので、勝手に思考力が鍛えられていたのですね。

 海兵隊は戦場で70%の情報で判断し続け、その繰り返しの中で最良の結果を求めていく

海兵隊士官学校Quanticoでの体験。sakachin.wordpress.com

 まさにこれ!!この精神は戦場だけでなく、人生で幾度となく使うと思うので五臓六腑に刻んでおこうと思います。

否応なしに思考し、なんとか羽田の土地を再び踏み、後期初日に大学へ登校した日

「よし、学校辞めよう」と思ったのでした。

大学辞めるかは、ずーっと迷ってて、でも主治医に「うつ病の時に重大な決断は避けたほうが良い」と言われて、そのまま流されていたのですが、

学費安くないし、私にはここで二の足踏んでる時間ももうないと判断し、自分のペースで進められる通信大学へと再入学したのです。

大学辞めてからはですね、「自分の生き残りの妨げになるものは、そう判断したらすぐバイバイする」ようになりました。

バイト先も3回変えてやっと今のところに落ち着きましたし、友人なんかも、攻撃されるような飲み会は適当言って断るようになりました。

 

そこからの回復は早かったです。

バイト先に辞めますって言ったり、友達に方便とはいえ嘘をつくのはもちろん、気持ちのいいものではありませんが、昔の人は言いました「捨てる神あれば拾う神あり」

 

絶対の状況なんてありませんし、動かないほうがリスクが大きいなら、70%ないしひっ迫した状況でないなら75%~80%の情報で、思考して判断しましょう。周りの意見は素直に聞きつつ、本なんかに頼ることもあるけれど、それらは判断材料や参考資料にして。

 

世の中これだけ人類がいてあらゆる人間が悩みを持っては解決方法を模索して発表しまくっている中、「あなただけの解決方法」なんてスペシャルなものがあるわけない。すべての悩みはだいたい「誰かが経験済み」「誰かは解決して誰かは苦しみ中」です。

 

自分が何に苦しんでて、何を解決として求めてて、何故そのような状況に陥ってるのか判断するのめっちゃ大事!